前ページへ
戻る
■ 議員活動報告  平成16年6月9日 衆議院国土交通委員会視察(山梨県)
6月9日に衆議院国土交通委員会委員として、山梨県にある『超伝導磁気浮上鉄道山梨実験センター』へ視察に行って参りました。ここではいわゆる『リニアモーターカー』の走行実験が行われています。元々1977年に宮崎県日向市に最初の実験センターが開設され、以後20年にわたり有人走行等実験を重ねて参りましたが、1997年よりその舞台を山梨県に移し、実用化に向けさらなる研究・実験を行っています。
Q、リニアモーターカーとは・・・
車両に搭載した超電導磁石と地上に取りつけられたコイルとの間の磁力によって非接触で走行する全く新しい鉄道輸送システム。
高速でありながら、乗用車や飛行機などの輸送機関に比べて排出されるCO2の量が少ないので、高速性と省エネルギーを両立した環境にやさしいシステムです。

走行中の車内。時速500キロまで加速します 現在実験で使用されているリニアモーターカーです。(MLX01)

開発に携わっている鉄道総合研究所、東海旅客鉄道(株)より説明を受けました。

戻る
Copyright(C)2004 Office Etoh Taku All rights reserved.