戻る
■ 議員活動報告  平成16年9月17・18 自民党農業基本政策小委員会視察(奄美大島)
自民党農業基本政策小委員会の視察で奄美大島本島の北部に位置し、奄美の空の玄関、奄美空港がある笠利町へ行って参りました。
 奄美は亜熱帯気候で年中を通して暖かく、自然に恵まれています。中でも笠利町は平坦な土地が多く、農地に適しており、さとうきびやパッションフルーツなどのトロピカルフルーツの栽培が盛んです。しかしながら、この土地も台風による自然災害が多く、今年も台風によってさとうきびに被害が出ており、我々としても出来る限りの協力をいたします。
 今回は製糖工場、畜産農家(笠利牛)、さとうきび農家、営農支援センター(新規就農者の研修農園でパッションフルーツを栽培)を訪問し、直接生産者の皆さんと対話をするなど、実りある視察となりました。
写真をクリックすると写真(大)が表示されます
富国製糖工場にて さとうきび農家視察 台風の影響が出ているさとうきび

戻る
Copyright(C)2004 Office Etoh Taku All rights reserved.